FC2ブログ

人妻、最高!

人妻をハメ撮りするために生きてます。18歳未満閲覧禁止

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

共働き人妻は狙い目過ぎる

最近共働き人妻を連続ゲット中だ。

共働きといえば

・金にはゆとりがある
・帰りが遅くなったりしても大体OK
・夜の生活はすれ違い
・職場の男には「結婚している」という理由で敬遠され気味

というパターンが多いのではないだろうか。

そんなわけで、出会い系愛好家の中では“共働きは狙い目”というのが定説になっている。そしてこれは俺だけかもしれないが、一発後、キープし続けることが比較的容易な傾向がある。

10月に出会ったさやかもそんな一人。
場所はめーるナビ
最初のメールのやり取りから、およそ1ヶ月近く掛かってやってようやく会うことができた。仕事の合間にメールのようで、時間が掛かるわけだ。ここは根気よくメールをし続ける。

メールを切らさないよう何もなくても2~3日に1回は送り続け、「会おう 会おう」という態度は出さなかった。しばらくのち、仕事でたまたま行ったレストランが旨かったという話を振ってみたところ食いついてきた。どんな料理がどんな風にうまかったのか、詳しく説明する。こういうところがテク。誰が聞いても「行って見たい」と言うはずだ。

「おいしそうだねー♪何ていうお店?」
「○○○ってところだけど、場所説明しづらいから今度一緒に行こうよ」

まぁ、これで断られることはまずないね。

「行ってみたーい。いこいこ♪」

とこうくるわけだ。

まぁ当たり前だが、俺が食うのはそんなレストランの食事ではなくお前のその熟れたカラダだ。ケッケッケ。

待ち合わせ用にということで事前に写メは送ってもらっていたから、かわいいということは承知していたが、本人はもっとマブかった。

バリバリのキャリアウーマンを体言しているようなグレーのスーツで現れた。パンストとパンプスとベルトがそそる。

例の店ではワインの薀蓄を語ってくれるので、それに乗じてどんどん頼む。結構酔っ払いいい頃合。
「こんな素敵な店に連れてきてもらったんだから、今日は私がご馳走する」とな。

共働きの女はこういうところがいい。金が掛からん。

「じゃぁ次は俺が出すよ」

金かスペルマか、どっちを出すのかは秘密だがね。

ホテルに入ってからのさやかは、おいしいものを食べたのに旺盛で、俺のソーセージもヨダレだらけでしゃぶりつく。かなりのテクだ。

シャワーも浴びていないのに、足の指まで舐めてきやがる。俺も負けじとケツ穴を舌でほじくりかえし、マイピンクローターで責めたてる。

あっという間に下半身をヒクヒクさせながらイキやがった。前戯だってのに。

いつものことながら生で挿入。なぜかは知らんがピルを飲んでるってんで連続中出し。

初めて会ってから2ヶ月経ったが、今でも隔週で中出しさせてもらっている。

皆さんも、共働き女がいたら、是非ともモノにしてください。















スポンサーサイト
[PR]

運動をやっていた女は締まりがいいんだろうか。

運動をやっていた女は締まりがいいんだろうか。

恋のお便りで知り合った清美ちゃんは29歳で経産婦だったのだけど、バツグンの締まりだった。
何でも、中学校の時からジュニアオリンピックに体操で出場し、高校でもインターハイで上位の成績を収めたんだとか。

名器の傾向とそれぞれのバックボーン・歴史について日々研究している俺ですので、「インターハイ」の時点でかなりのモチベーションでありました。

ジャンプ競技はケツ筋が発達し膣を圧迫するので締まりは良くなる。是常識。

体操は当然、飛ぶ。跳ねる。その度にケツ筋モリモリ。

で。

つーか指が入らねぇ。

でも入れたけど。

あんま濡れねぇ。

まぁ入れたけど。

個人的に「締まりはいいがあまり濡れず、さらさらしたマン汁」は好きじゃない。たぶんみんなも好きじゃないだろう。

そんな感じではあったが、体が柔らかいので色々な体位を試しつつ、二人で器械体操状態だったとさ。

冬の女には気を付けろ

サチコ
捕獲場所:ひまぱら

冬の女には気を付けろ―――。

これは、自分が中2の時に師匠から教えてもらったお言葉だ。

確かに、冬は女のウイークポイントを隠すアイテムが多い。

コートは当然ボディラインや足の太さ、カップ数等をわからなくするし、ちょっと袖が長めのセーターは記号的かわいさを表現しディテールをぼかす。

パンストやタイツは肌のキメ・細かさのチェックをガードするし、マフラーは顎下のタプタプを隠してしまう。

あれほど忠告をもらった“冬の女には気を付けろ”ではあったが、今日は完全にやられた。

待ち合わせは駅前で、外だった。ヤツ(サチコ)はコートにパンツにブーツだった。顔はごくごく普通と鑑定。

出会い系に慣れていないのか、話はたどたどしく、そしてつまらない。
「近所のスーパーに薬屋が入ったから便利になった」

ってそんな話されても・・・・orz

あからさまに面倒臭くなった俺は、メシも食わず酒も飲まずホテルに直行することにする。歩きながら、さりげなく隅々までチェックしたが、それほどヤバい感じはしなかった。



・・・・・・・・・・。



無残だった。



3段っ腹にデカイ乳輪、著しく重力に負け続けてきた乳房。絶対に中で何かを養殖しているとしか考えられない顎下のタプタプ。お歳暮の季節を思い出させるハムのような二の腕。

俺の体重スカウターは着衣時45Kを表示していたが、コートを脱いでスーパーサイヤ人となったヤツは65Kを記録した。
「ごめんねこんなんで・・・」というサチコであったが、許すつもりは毛頭無い。

足指の間から耳裏までの全身舐めを厳しく命じ、挿入しないまま、おまけにホテル代折半で帰ってきた俺であった。

人妻はファンタジスタ

人妻

今日は若妻なわけ。

愛用サイト恋のお便りで捕まえた25歳子供無しの涼子ちゃん。旦那はトラック運転手という、人妻出会いでも良くあるパターン。だって帰ってこないもんね、なかなか。そりゃ暇になるわなぁ。

で、この涼子ちゃんの旦那ってのが、何でかは知らんがもう40なんだとさ。40じゃぁ少しずつ衰えてきてるわけで、これから熟れてくる女にはちと物足りないわけだ。

まぁ、メールのやり取りの段階でこういう話を聞いてたから、要はこれって
「ヤリたいです」
って言ってるようなもんで、こういう女はさっさとエロメールに切り替えるがよろし。

とりあえず「固い」「太い」「遅漏」をアピっておいたらうまいこと喰いついてきた。旦那は真逆だってんで、いっちょあがり。

エロトークはメールの段階で始める場合と、会ってからの場合とあるけど、メールでやっとくと楽だね。

で、駅前に行く用事あったんで中にあるベローチェで待ち合わせ。喫茶店とかの待ち合わせって結構好き。

なんでかって?自分は待ち合わせの大分前に入ってさ、入ってくる女をチェックするわけよ。もうわかるでしょ、ロシアンルーレットっつーかさ。入ってくる女を逐一見て、
「う、こいつか!?」と「こいつであってくれ!」
を楽しむわけよ。そりゃー俺でも鹿児島産最高級黒豚みたいなのを引くこともあるけど、それはまたそれで楽しいわけよ。悪食はネタにすりゃいんだし。団栗でも食ってろって話で。

で、今日のロシアンルーレットは当たりだったね。デニムのミニスカ、ナマ足にロングストレート、化粧は薄め。で、しょこたんが多少歳くった感じか。Cカップ以上は確定。

中々出会えない「出会い系サイトで出会える最高ランク」ってところか。

俺を見るなりニコッとしちゃってよぉ。かわいいのなんのって。

とりあえず真昼間だってこともあって軽くメシ。40のトラック運転手は知らんだろうイタ飯屋へ行って「家にいたらこんなところで食えない」感を演出。ワタリガニのパスタがうめぇんだよなぁ。

で、お決まりパターンのカラオケ。人妻はカラオケに限る。経験上、「カラオケについてきた人妻は100%俺のマイクも握る」というベタな法則アリます。「人前で歌う」ことと「人前で脱ぐ」ことはイコールだしな。いやほんとに。

女が歌ってる間ってのはまず聞き入ってやることが大事なわけだけど、俺はマイクの握り方で一人興奮する事にしている。マイクをしっかり握ってるやつは、やっぱり竿もしっかり握るしね。これも定説。高橋もビックリ。

さて、昼間だけどビールやらソルティードッグやらを飲ませたのち、ちょっと確認の意味も込めてキスをしてみる。淡い抵抗のみ。いける!

そのままおっぱいモミモミ、ナマ足サワサワ。これも問題なし。あらかじめこの店はカメラが付いていないことも確認済みだし、このままいっちまって勝ち点3を決めるか、それともここはプレシーズンマッチにするか・・と悩んでいたその刹那!

マイク握ってるジャン!

ここまで負けが許されないトーナメント方式で挑まれちゃぁこっちもアトには引けん。パンツは脱がさず横からスルーパス!(指マンのことね)、あいにくの雨模様だがイギリス発祥のスポーツに雨による中止は無い!さらに雨脚強く豪雨の模様!
オラオラオラ~~~~。くちゃくちゃくちゃとエロい音を響かせる涼子姫。それでも強く握るその根性、気に入った!

フリーキック(フェラのことね^^;)のチャンスに、豪快なディープスロート、ちゅぱちゅぱちゅぱとエロい音を響かせる涼子姫。

やっぱりパンツは履かせたまま渾身のシュート、ぐさりとゴールネット(Gスポットね)に突き刺さる。

ゆっさゆっさゆっさとエロい音を響かせる俺。大絶叫のサポーターの応援歌(喘ぎ声)に奮起した俺のJrは、彼女の腹に直接フリーキックを決め、駄目押し点。見事な勝利を収めたのだった。写真はワール○○ッ○ーマガジン表紙。

人妻にセーラー服を着せる

人妻相手スペック
名前:舞
年齢:35歳
主婦暦:6年
捕獲場所:恋のお便り

昨日は舞ちゃんという人妻(35歳)に

セーラー服を着せてみた。

んー。失敗だったかもしれん。

人妻に珍しく夜にアポったから、豪快に飲んじまった。そんなわけで、かなり酔ってたんで、
「制服プレーは良いよね」
っていうところまでは考えたんだけど、
「が、それも年齢による」
というところまでは思考が働かなかったようだ。

そんなわけで、ホテルに着くなりセーラー服着せちゃったわけさ。

まぁ、失敗だったね。

やっぱりツライよ・・・35歳の制服ってのは。
結局ルーズソックスも履かせたけどね。
そんでもやっぱダメだわ。ってかむしろ履かせたら悪化したけどね。

そんなわけで、セーラー服着せたけど

「脱げ」

と命じる。
「あはは、やっぱりおばちゃんじゃキツかった?」
と気遣う舞だったので、
「いや、コスプレ脱がせプレイが最近イイのよ」
と誤魔化しておいた。

舞は、顔は40代前半、体は30代前半という感じだ。

「人妻はフェラで計るべし」の鉄則に従い、体を預けてみた。んー、お世辞にもうまいとは言えないな。

なぜお前はそんなに皮を引っ張る?

奴(皮)は、中学時分のころ、一生懸命にがんばって剥けてきたんだ。カリに引っかかってきたんだ。
その皮を、お前はなぜこうも元鞘にしようとするのだ。彼の努力をフイにしようというのか。
やめぃやめぃ!

こういう女には、末森先生のように尻穴を舐めさせるしかない。

「ちんぐり返しプリーズ!!」

俺は叫んだ。20代前半の女子には中々通じないちんぐり返しも、この年代には通じることがある。

人生何があるかわからないもんで、舞はなぜかちんぐり返しはうまいんだわ。
舌先でアナルと会話し、蟻の戸渡りにやさしく爪を這わせ、チンコはいい感じのストローク。よしよし、いいぞ。

5分ほど堪能した後、さすがにこの体勢に疲れてきたので攻守交替。
使い古されたマムコはなぜかもう濡れていた。自家発電女か。

まんぐり返しのおかえしをした後、生挿入。

正常位では、この年代特有の不自然なおっぱいの揺れを堪能し、老いとは何か?という哲学的テーマに思いを伏せる。

そんなことを考えていたら、空しくなって彼女のお腹に射精した(村上春樹風)。

また会うかどうかは微妙。サイト見たらまたいたしw

絵本作家を名乗る

人妻相手スペック
名前:美晴
年齢:36歳
主婦暦:15年
捕獲場所:人妻セフレ交際

去年の夏出会った36歳美晴さん。

旦那はN○T職員とそこそこお堅いご職業で。
子供も大きくなってきて暇なんだとか。

「昼間はいつもなにやってるの?」
「ん~なにも(笑)。笑っていいとも見たり」

ってことだったんで、昼間にアポ。

軽くお茶しつつ様子を窺う。

「今日はどこか行きたいとこある?」
「んーじゃぁちょっと買い物付き合って欲しいな」」

ってことだったんで、近所のショッピングセンターへ行く。
エンコー女じゃぁあるまいな。俺はビタ一文払わねぇぞ。

と思ったけど、ほんとにただの買い物のようで、洋服見たり本屋に行ったり。

「こういうこと普段はないからちょっとしたデート気分だなぁ。」
「嬉しいこと言うね。私もそう思ってたの」

まぁ、ほんとはそんなことは毛ほども思ってなかったけどね。でも基本よね、このセリフ。

近くに俺がお気に入りの絵本専門店があったんで連れて行く。
まぁここ数年の「大人の絵本」ブームあるけど、これって100%印象良くなるみたいよ。
女にとっては。

で、俺は決まって言うわけだ。

「俺昔絵本作家目指してたんだよね」
「今も趣味で書いてるけどさ」

まぁ目指すわけ無いけどそんなもん。でもこれも、100%好印象になるわけよ。
老いも若いも全ての女が。なんでだろうね?
100回は使ったフレーズだけど、ほんと100%食いついてくるねぇ。

まぁ、キープ女に使うことが多いこの絵本作戦、皆さんも使ってみてよ。ただ、多少の知識は持ってた方がいいけどね。

で、ホテルへ。

「若い頃の3倍は気を使わないと維持できないわ」
と宣うだけあって、36歳子供二人の割には、体は細くてなかなかキレイ。

乳はちょいたれ気味だけど、乳首の色もまだ濁っていないし、ケツはプリっとしてる。

シャワー後バスタオル一枚で出てきたので、もろもろ丹念にチェックしつつナメナメ。

ワリと控えめな
「あっ・・・」「はぁ・・」
って感じで艶のある声を出す。
しっかりとチンコも触ってくる。

大量の唾を使ったフェラを4分30秒堪能した後、で入れようとすると「えっ」って顔されたけど、ここは雰囲気で押し切った。

正常位、座位、バックと一通り攻め、最後はミトコロ攻めでイカせ俺もそのまま腹に出した。

今日は17分の挿入時間。まぁがんばった方か。

人妻にもブスは存在した!

相手スペック
名前:早苗
年齢:?歳
主婦暦:?年
捕獲場所:めーるナビ
画像は口直し。
思い出したくも無いから画像を開いて、
10秒ごとに見直すことをオススメする・・・

飛び石連休となった俺・・・。
そんな出勤日に偶然アポれた人妻がいた。

容姿に関して言えば、人妻だからどうって法則はなくて、そこには美人もいるしブスもいる。射精までのプロセス全てを楽しんでいる俺からすれば、ブスだろうがなんだろうが関係ない。


そんな言い訳しても仕方ないんだけど、今日会った早苗ちゃんはどう見てもどう考えてもブスだ。疑いようのないブス。
俺は、そこを隠さない紳士。


ブスだからと言って手は抜かない。考えるべきは効率だ。


例によって喫茶店で待ち合わせ、先に入って待っていた。入ってくる女をチェックし、ロシアンルーレット開始。
12時ぴったりにUMA(画/水木しげる)が扉を開ける。コーション!コーション!
ヒマラヤに帰れ。

俺の五感全てが非常事態を宣言するが、「もういるよ」とメールのやり取りをしている俺に逃げ場はない。っていうか逃げん!UMAでも喰ってやる!
妖怪大好き!(泣)


大幅に省略するが(頼むからさせてくれ)、ようするにUMAであってもマンコはもっているようだし、マン汁もでる。フェラもしてもらった。以上!


ちなみにホテルを出たのは2時!効率を重視せよ!

 | 人妻、最高!HOME |  »

プロフィール

管理者:トニーニョ
人妻が大好きで大好きで、堪らなく大好きで。悶々とした日々を送る毎日。ふと通い始めたジムで出会った人妻と付き合う事になりました。意外と簡単かもしれん・・・。
そんな感じで人妻のナンパに精を出す日々。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。